講演

  • 視覚運動制御
    • 講師:樋口貴広先生(東京都立大学)
    • 座長:野口隆太郎先生(初台リハビリテーション病院)
  •  
  • がん患者のリハビリテーション
    • 講師:辻哲也先生(慶應義塾大学)
    • 座長:岡安健先生(東京医科歯科大学病院)
  •  
  • スポーツ・整形外科診療に役立つバイオメカの基礎知識
    • 講師:名倉武雄先生(慶應義塾大学)
    • 座長:川井謙太朗先生(東京医療学院大学)
  •  
  • 回復期リハのエビデンスと未来
    • 講師:近藤國嗣先生(東京湾岸リハビリテーション病院)
    • 座長:山中誠一郎先生(初台リハビリテーション病院)
  •  
  • みんなでつなぐ理学療法のエビデンス
    • 講師:斉藤秀之先生(日本理学療法士協会)
    • 座長:森島健先生(東京都理学療法士協会)
  •  
  • 心不全とフレイル
    • 講師:神谷健太郎先生(北里大学)
    • 座長:岡村大介先生(聖路加国際病院)
    •  
  • ⑦ 呼吸不全の理学療法
    • 講師:千葉哲也先生(玉川病院)
    • 座長:直井俊佑先生(東京医科大学病院)
  •  
  • 未定
    • 講師:未定(ソウル士会)
    • 座長:廣瀬幸子先生(玉川病院)
    •  
  • 未定
    • 講師:未定(交渉中)
    • 座長:未定

メインシンポジウム

  • エビデンスを「つくる」
    • 座長:山田実先生(筑波大学)
    • 座長:木村庸介先生(東洋大学)
    •  
    • 1)社会に貢献する理学療法研究の始め方、進め方
      • 講師:山田実先生(筑波大学)
    • 2)内科領域における理学療法研究
      • 講師:小島巌先生(川崎市立川崎病院)
    • 3)整形外科領域における理学療法研究
      • 講師:寺尾友佑先生(東京慈恵会医科大学病院)

 

  • ② エビデンスを「伝える(受取る)」
    • 座長:金子文成先生(東京都立大学)
    • 座長:高橋哲也先生(順天堂大学)
    •  
    • 1)臨床に活かす情報の精査-論文・教科書の選び方、読み方
      • 講師:金子文成先生(東京都立大学)
    • 2)内科領域におけるエビデンスの吟味
      • 講師:福井奨悟先生(慶應義塾大学病院)
    • 3)スポーツ領域におけるエビデンスの吟味
      • 講師:玉置龍也先生(横浜スポーツ医科学センター)

 

  • ② エビデンスを「届ける」
    • 座長:相澤純也先生(順天堂大学)
    • 座長:板東杏太先生(国立精神・神経医療研究センター)
    •  
    • 1)治療効果を高めるクリニカルリーズニングとEBPT
      • 講師:相澤純也先生(順天堂大学)
    • 2)脳卒中患者へのクリニカルリーズニング
      • 講師:大沼亮先生(目白大学)
    • 3)膝痛患者へのクリニカルリーズニング
      • 講師:川崎智子先生(東京医科歯科大学)

教育セミナー

  • 血液ガスと呼吸機能の評価
    • 講師:秋保光利先生(東京医療学院大学)
  •  
  • 脳血管画像と運動機能の評価
    • 講師:清塚鉄人先生(三宿病院)
  •  
  • PTに必要な薬の知識
    • 講師:ハシチウォヴィッチ トマシュ先生(東京慈恵会医科大学第三病院)
    •  
  • 症例検討の始め方、進め方
    • 講師:北地雄先生(総合東京病院)
    •  
  •  
  •  

シンポジウム

  • エみんなでつなぐ理学療法のエクスペリエンス~経験の伝承
    • 座長:松原徹先生(在宅総合ケアセンター成城)
    • 座長:未定(未定)
    •  
    • 1)教科書や文献からは学べない経験
      • 講師:未定(未定)
    • 2)医療人としての理学療法士に必要な経験
      • 講師:遠藤敏先生
    • 3)経験をつなぐ教育・職場
      • 講師:松原徹先生(在宅総合ケアセンター成城)

 

  • ② 膝ACL損傷のスポーツ理学療法~多様性を考慮したアプローチ
    • 座長:廣幡健二先生(東京医科歯科大学)
    • 座長:中田周兵也先生(湘南鎌倉総合病院)
    •  
    • 1)女性アスリートに対して
      • 講師:和田桃子先生(専門学校東京医療学院)
    • 2)パラアスリートに対して
      • 講師:笹代純平先生(日本スポーツ振興センター ハイパフォーマンススポーツセンター)
    • 3)トップアスリートに対して
      • 講師:馬越博久先生(八王子スポーツ整形外科)

 

  • 子どもの健康・スポーツと理学療法
    • 座長:板倉尚子先生(日本女子体育大学)
    • 座長:見供翔先生(スポーツ庁)
    •  
    • 1)子どもの発達とトレーニングの特徴
      • 講師:粕山達也先生(健康科学大学)
    • 2)正しい姿勢、コーディネーショントレーニングの指導
      • 講師:渡邊祐介先生(東京脊椎クリニック)
    • 3)スポーツ外傷・障害予防の取り組み
      • 講師:我妻浩二先生(江戸川病院)

 

  • ④ ニューロリハビリテーション~歩行機能の再建
    • 座長:森山広樹先生(河北リハビリテーション病院)
    • 座長:紙本貴之先生(慶應義塾大学)
    •  
    • 1)脳の可塑性と可能性
      • 講師:紙本貴之先生(慶應義塾大学)
    • 2)ニューロリハのエビデンス
      • 講師:高橋容子先生(順天堂大学)
    • 3)装具の選び方、使い方
      • 講師:栗田慎也先生(都立大久保病院)

 
 

  • 地域リハビリテーション
    • 座長:長谷川奨斗先生(世田谷記念病院)
    • 座長:鹿島雄志先生(株式会社りはっぴぃ)
    •  
    • 1)都市部の地域リハ
      • 講師:御代川英己先生(初台リハビリテーション病院)
    • 2)過疎地の地域リハ
      • 講師:工藤弘之先生(大久野病院)
    • 3)僻地の地域リハ
      • 講師:塚本泰成先生(世田谷記念病院)